「被ばく線量の最大値が自分でよかった」 2011年3月26日

福島第1原発3号機への放水に参加した東京消防庁第3方面本部消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)の石井泰弘部隊長(47)が24日、時事通信の取材に応じ、緊迫した作業を語った。

石井隊長は18日午後5時すぎ、周囲の放射線量を測定できる「特殊災害対策車」に乗り込み、先陣を切って敷地へ入った。放射線量の高い区域を調べ、放水車などの配置を決めるためだ。しかし、作業は難航した。水を吸い上げる予定の岸壁は崩壊し、別の地点からホースを伸ばす経路では、津波で横滑りした巨大タンクが行く手を遮る。隊員が屋外に出て、人力でホースを運ぶ方法も強いられた。

石井隊長らはホース運搬部隊の被ばく線量を測定。隊員は胸に線量計を着用しているが、作業中は確認する余裕がない。「自分の被ばく線量が彼らとイコールになるよう常に付き添った」。息苦しいマスク越しに大声を出し、必死で数値を伝えた。

「水が出たぞ」。無線機から一報が聞こえた。「その瞬間、『やった』という達成感があった。みんな同じ気持ちだったと思う」。全隊員の脱出を確認し、最後に敷地を出た。

 胸の線量計は、全隊員のうち最も高い「27ミリシーベルト」を示した。しかし、石井隊長は「自分でよかった」とほっとした。「自分の被ばく線量が最大ならば、隊員は自分より安全。それが我々のやり方だ」と話す。

 敷地への進入前、石井隊長は部下に問い掛けた。「かなり困難な活動になるが、いいのか」―。「やります」。弱音を吐いた隊員はいなかった。

 「素晴らしい隊員を持ち、誇りに思う。一人一人が日本のために頑張らなくては。命令があれば、また行く」。部隊は東京・渋谷の本部に戻った今も、次の派遣に備えて機材の整備を続ける。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000122-jij-soci

今買い占めなどで必要以上に物を買う人たちにほんと読んで欲しいわ。

今日本で1番危険な場所で頑張ってる人がいることを知って欲しい。

石井隊長かっこよすぎる。

×

活動

  1. 浜松出張!

    浜松出張!

  2. 都内でマジックショー♪

    都内でマジックショー♪

  3. 学生さんたちに♪

    学生さんたちに♪

  4. ベトナムでのショーは、

    ベトナムでのショーは、

  5. 渋川スカイランドパークにて!

    渋川スカイランドパークにて!

  6. フジテレビの特番に出演します!

    フジテレビの特番に出演します!

  7. 関西の読売テレビに出演します!

    関西の読売テレビに出演します!

  8. 2017年もありがとうございました!

    2017年もありがとうございました!

ブログ

グループから探す